スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路島でエギング

2014年11月15日土曜日 小潮
22:00~1:00

静岡から帰ってきたタケラバと
エギングにいこかと言うことで
軽~く淡路島へ。

途中、フィッシングマックス
ハーバー店に寄り
エギとケミホタル、シンカーを購入。

淡路島急流ポイントへ。


北西の風、風力3、晴れ。
潮は東から西へ激流。

ダウンショットエギングなるものを試した。
全く自己流。

15グラムのシンカーをつけ
50cmのリーダーをとって
エビ似のエギをつける。

基本、底ズル引き。
テンションを掛けて引いてくると
エギを引っ手繰るアタリが!!!

というイメージ。
全く自己流。

ズル引きしてくるけどアタリもない。
イメージはいいんだけどなあ。

底じゃないのか?と
墨族3.5を普通にキャスティング。
普通にシャクシャク。
何回かキャストののち普通に根掛かり。

以後繰り返し。

午前1時。
3つめのエギを海に返したとたん
ハッと我に返る。

こんなんイカ釣りじゃない・・・
エギの放流事業や。

タケラバもアタリないらしいので
寒さと眠気に負けて納竿。

新しい墨跡もなかったし
イカはいませんでした。

今日の根掛かり。
墨族3.5 ×2
ダートマックス3.5





スポンサーサイト

淡路春告魚荒行

2011年4月30日(土) 中潮

タケラバ家族が家に遊びにいていたので
夜になってから淡路島へメバリングに。
天気予報では朝方から翌日に掛けて雨とのこと。

しかし島南部のとある漁港に到着したとたん
雨風が強くなってきた。港内も波立ちなんせ風が強い。
しかもカッパを忘れる失態・・・

なんだかなー。この時点で午後9時半。
タケラバにまだ一度も着ていないオニューのカッパを借りて
いざ出陣。

いけすに水を入れがてら港内にキャストすると
なんなく16cmくらいが釣れる。
18cmくらい
今日もサイズ狙いなので港内はすぐに見切りを付け
いざ外向きの防波堤に立つと追い風の暴風!!
冗談抜きでTV局の台風レポートのよう。

カッパは着込んでいたにせよオケツのとこから
雨水が逆流してきますけど・・・。

下がるモチベーションを抑えつつ、ここまできて竿をふらにゃと
自分を奮い立たせてキャスト。
あれー。ワームはどこへ飛んだ?それよか雨で前が見えん・・・

しかし手探りのように巻巻してくるとそこそこメバルは釣れる。

暴風雨の中、タケラバとポンポンと手返しよく釣り・・・って
雨で水が入りブクブクが壊れた・・・
なのでいったんリリースサイズはお帰り頂く。
リリース前のめばるたち
午前0時を過ぎると更に雨風が強まる。
ワーム袋は飛び散り、キャストしたラインは右に左に弧を描き
顔はずぶ濡れ、たまに吹く突風から体を守る。
全然アタリなんかわからん。
ソリッドティップが曲がったときが魚のアタリ。

これはもはや釣りではない。行だ。荒行なのだ。
なんとかお持ち帰りサイズは数匹揃えた。
ガシラも釣ったしフグも釣った。
ふぐーーー

たぶん8匹ぐらい釣れた。
吹き荒れる天候で数えてる余裕はなかった。
お持ち帰り
午前1時。
常夜灯の下、青く怪しく光るメバルたちがあざ笑う中
俺たち頑張ったよな?やるだけやったよな?
とタケラバと自分たちの健闘を確認しつつ
逃げるように撤収。もう暴風の中の釣りはイヤだ。

ともあれキープサイズは18cmそこそこが4匹。
リリースサイズを含めると2人で20匹弱は釣っている。

状況はかなり魚影が濃く、メバルの活性も高かった。
いつになく表層を意識しているようだったが
暴風の中、フロートリグを操れず、ジグヘッドに終始せざるを得なかった。

雨さえなければ・・
もう少し粘ってサイズアップしたかったが・・・

あ、メバルははなわんさんに捌いてもらって
美味しく頂きました。

塩焼き

いつもありがとうございます。

**メバルタックル**
ロッド :SHIMANO soare GAME S709ULS
リール :SHIMANO レアニウムCI4 C2000S
ライン :VARIVAS ライトゲーム メバルPE #0.3 + 4Lbフロロ

メバル自己記録

2011年4月23日(土) 中潮

20cm以上の型のいいメバルを狙いに行きましょうかと
またまたUNDO師匠と21:30に神戸HATで待ち合わせ。

時合いを逃してなるものか・・フィッシングマックスに
脇目もくれずに一路淡路へ・・。
前回タケラバ達と美味しい思いをした漁港へ行ってきた。

まずは漁港内の様子見。
タックルの用意をしている間に師匠はもう5匹ほど釣っている。
なんという素早さ。
やっぱり港内はサイズが小さいなーと言いつつ顔が笑ってますよ。
自分も0.8gビークヘッド+メバル節2inchで何とか1匹。15cm。
20110423_001.jpg
この間、わずか10分足らず。どんだけ活性高いねん。
構内にはシロウオみたいな小さいベイトがチョコチョコ泳いでいる。
ま、おチビいじめはそこそこに外向きの防潮堤へ。

ここでも師匠はサクサクと釣り上げ開始から30分で10匹到達。
弟子は、まだ1匹ですよ・・・。

と言ってる間に師匠にアタリが。
まぁまぁデカイで!引きが違うわ!
あげてみると23cmの良型赤メバルくんでした。
20110423_002.jpg
弟子もそんなの釣りたいぞ。

12時を過ぎ、このへんでブクブクバケツに生かしていた
ストックメバルを記念撮影し18cmまではリリース。
大きくなって帰って来いよ。
20110424_002.jpg

その後も小さいのは足元でコンスタントに釣れるが
なかなかサイズが上がらないので
ジグヘッド1.5gにジャコナックル2inch+鬼爪Lサイズを
セットして常夜灯外の暗闇へ遠投!

するとコンとつつきがあった後、グイグイとティップを曲げるアタリが!
うん、多分今まで釣ったよりもデカイと確信。

ドラグが出るほどでもなかったけれど
上がってきたのは21cmの自己最高記録でした。
やったー。
20110424_006.jpg
気分的には40UPのバスを初めて釣ったときのような気分。
今日の目標達成。

その後もそこそこは釣れ続くがサイズが上がらず
冷たい東の風が吹いてきたのでAM3:00撤収。
結果18以上のキーパー達は4匹でした。
20110424_007.jpg
師匠20匹、最長23cm。
弟子5匹、最長21cm。
師弟間の力の差を見せつけられ本日は終了。

暖かくなるごとにメバルも上向きですな。

師匠は小さいメバルワームで46cmの
シーバスもゲット。さすがオールラウンドワーマー。
20110424_003.jpg
この引き、尺か?尺か?
なんやーシーバスやんけ!
と嬉しい外道に悲鳴をあげていましたとさ。

**メバルタックル**
ロッド :SHIMANO soare GAME S709ULS
リール :SHIMANO レアニウムCI4 C2000S
ライン :VARIVAS ライトゲーム メバルPE #0.3 + 4Lbフロロ

淡路島メバル遊戯

4月9日(土)小潮

先週は町内の資源ゴミ回収があったために
琵琶湖組に置いてけぼりをくらってしまった。
そのためか釣欲メーターもレッドゾーンに入ってたので
淡路島へメバル狙いに行ってきました。
例の如くUNDO師匠とHAT神戸で待ち合わせ。

雨の中バス釣りなんかしたくないーという師匠の一声により
野池予告とは違う展開になりました。

今週は・・・
①新ポイントの開拓
②お持ち帰りで舌鼓
をコンセプトに淡路島の南端から北へ釣り上がることにした。

午後6時。まずは伊毘漁港から釣り開始。
伊毘の漁港から
ここは去年の秋にリリースサイズの子イカにエギの抱き方を
レクチャーしてもらったところ。

イカ釣れる処、メバル有り。・・・とは師匠の弁。ほんまかなー。

1gビークヘッドにジャコナックルグローピンクをセットして
底のほうを引いてくる。お!ビクビク!!アタリ!
ととと、されど乗らない。を何回か繰り返すうちに
潮も下げ止まってアタリすらなくなった。

午後8時半。
電話にて、『メバルで淡路~?行く価値あんの~?(ワラ』

などとほざいていた後発組のタケラバ&KING組が到着。
本来は神戸にバチ狙いだったらしいが
しぶしぶ何とか合流。何としても釣らせねば。(- -;)

ということで常夜灯のある、とある漁港へ。

この日はかなり冷え込んで、伊毘港では風も強かったが
ここは風裏なのか風も少し収まってきた。

ポイントに着いて沖に向かってメバル節をキャストすると
いきなり15cmがヒット!
20110409_001.jpg
続けざまに17cmがヒット!

ワンキャストワンヒット!!
20110409_002.jpg
別ポイントで釣っていたタケラバも合流して釣りまくる。
20110410_001.jpg

しかし、時合いがあるのか群れが遠のくのか、なかなかその後が続かない。
そういう時はフロートリグにしたりワームのカラーチェンジをすると
またすぐにポツポツと反応が出だす。
20110410_000.jpg

結局午前2時までで、4人で31匹。
タケラバはメバル王の名を欲しいままに。
やっぱり一番釣ったのはUNDO師匠で10匹。

朝まずめまでやればまだまだ釣れたと思うが
眠気に勝てず撤収。いっぱい遊んでもらいました。
20110410_002.jpg

ワームは底を意識した攻め方の場合はやっぱりゾエアフライや
ゲーリーのピンテールが良かったです。
逆に表層を意識させる場合は、メバル節やジャコナックルなどで。

時合いもあるんだろうけど
ずっとコンスタントに釣り続けるにはカラーローテーションや
ワームチェンジも重要だなあと感じました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ユーザータグ
プロフィール

ぺっつ

Author:ぺっつ
発生:大阪府 生息:兵庫県

カットテール5inchもとい
フラッシュJシャッド3inchを
こよなく愛する30代。

最近は周囲の影響で淡水から
海水にターゲット変更中。

賞無し、転覆1度あり。

最近の叱咤激励
リンク
最近のトラックバック
友達になってください
↓ポチっと押して下さい
にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 釣具(個人)へ
ブログ王アウトドアランキングへ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
15277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1446位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。